「緊急事態宣言」でスーパーはどうなるの?3日をなんとか乗り切りたい!




こんにちは、新型コロナウィルスの
ニュースに溢れていますね・・・
しましまです。

4月6日のニュースでは、
日本もとうとう
緊急事態宣言が出されるとか。。。

筆者の場合、
そのニュースを見た時に、

まず、スーパーにいって
食材を買っておかないと!!!
と焦ったのですが…

とある動画を見て、
思いとどまりました。

その中で紹介されていた
内容に非常に共感したので、

自分のブログでも、
なぜ、スーパーに
行かない方が良いのか、

なぜ、行列にならんでは
いけないのか、

ご紹介したいと思います。

スポンサードリンク

緊急事態宣言でも、スーパーは営業が続くから心配なし!

海外のニュースを見ていても
スーパー等の、生活必需品の
販売は継続されていますが、

日本も同じです。

東京都知事の記者会見でも
以下のサービスは、
営業を続けると発表されています。

情報元:東京都・小池知事
記者会見(令和2年4月3日)より

====================

緊急事態宣言を行った場合ですが、

~一部・省略~

食料品、医薬品などの生活必需品の
販売であるとか、

銀行や証券取引所などを
はじめとする金融サービスなど、

社会や経済生活を維持する上で
必要なサービスにつきましては、
必要な衛生管理などを確保の上で
引き続き営業を
していただくといたします。

====================

緊急事態宣言が出ても、
スーパーが閉まる事はありません。

それよりも、都心部で
医療崩壊が始まっている中で、

新型コロナウィルスに、
罹ってしまう事の方が困ります

家族で一人が感染したら、
看病も大変ですし、
検査を受けに行くのも大変な上に、

自分や家族が入院となったら
どうしたら良いのか・・・

そう考えてみると、
今回の新型コロナによる
「緊急事態宣言」が出された時、

沢山の食料を確保する事よりも、

新型コロナウィルスに、
自分や家族が罹らない事の方が

何千倍も重要です。

緊急事態宣言で、スーパーに行かない方が良い理由は?

前書きに書いた動画が、
以下の、作家の本田健さんの
ビデオメッセージです。

こちらの動画を見ると、
ああ、やっぱり3日くらいは
スーパー行くのやめとこう…

と思えるので、
是非、一度はご覧になって
頂けたら嬉しいです。

動画まで見てる時間は無い・・・
という方の為に、
要点だけ、文字でもご紹介します

1.スーパーこそ、ウィルス感染する
可能性が高い場所である

2.海外では、ロックダウン直後に
スーパーに人が殺到している

3.スーパーに大勢が集まる、
長蛇の列、会計時のやり取りで
感染リスクが高まる可能性が高い

4.3日もすれば落ち着くし、
流通は止まらない。

5.コンビニ等の店舗でも、
食品の調達は出来る

動画はこちらになります。
本田健さんの
「ユダヤ人大富豪の教え」等の本は
何冊か拝読していますが、

お金の事を学べるだけでなく、
癒される内容なので、好きです。


筆者の場合は、この動画を見て、

混んでるスーパーに並んででも、
食料品を大量に買いたい欲が
収まりました。

本田健さん、有難う御座います!

引き続き、筆者が最近見て、
他にも参考になった記事なども、
ご紹介させて頂きます。

スポンサードリンク

コロナウィルスの感染拡大をゆるやかにする方法は?

ワシントンポスト社が、
無料で情報を提供している
こちらのページ。

実際に感染が広がる様子が
シンプルな動画の形式で
とても分かり易かったです。

コロナウイルスなどのアウトブレイクは、なぜ急速に拡大し、どのように「曲線を平らにする」ことができるのか

こちらのサイトを見ても、
やはり、スーパー等の
混雑している場所には
行かない方が良いと
思えますね・・・

コロナウィルスにかかった人の体験記は?

実際に、日本でコロナウィルスに
感染され、入院した方の体験記の
記事があります。

こちらを読んでみて、
自分や家族が、もしも感染してしまったら、
と想像が出来るので、お勧めです。

体験記の中には、
「うつしたら、間違いなく
恨まれるであろうほど辛い」

と書かれています。
症状には個人差が大きいそうですが、

ここに書かれている症状が
軽症になるとしたら、
そうとう辛そうです・・・

これで「軽症」と言うのか。新型コロナ感染で入院中、渡辺一誠さんの手記

まとめ

新型コロナウィルスの
対策として

日本でも「緊急事態宣言」が
出されようとしています。

そんな時こそ、
スーパーに人が殺到してしまう為、

筆者が参考になった動画や
記事をご紹介させて頂きました。

これ以上、感染拡大とならず、
医療の現場も持ちこたえて、
世界が、良い方向に向かう事を、
心から願っています。

最後まで読んで頂き、
誠に有難う御座いました。

スポンサーリンク



シェアする

フォローする