蜜蜂と遠雷のピアニスト・プロフィールに課題曲「春と修羅」を調査しました【映画】




こんにちは、映画「蜜蜂と遠雷」が
凄く楽しみです、しましまです。

「蜜蜂と遠雷」は、
映画の予告編を見てからずっと
気になっていて・・・

普段は、映画を見る前に
原作を読みたい派なのですが、

こちらの映画の場合は、
ピアノコンクールという事で、
実際のピアニストの方4名の
奏でる音楽を、
映画で聞いて、感じて見るのも
また良い気がして、

原作は読まずに、
先に映画を見ようと思っています。

映画の予告映像を見た時、

ピアノの音に鳥肌が立ち、
ピアニストの方達は、
どんな方なんだろう。
という事が気になってしまったので、

「蜜蜂と遠雷」映画の4人のキャスト
それぞれのピアノを担当された、
ピアニストのプロフィールについて
調べたいと思います。

スポンサードリンク

栄伝亜夜のピアニスト「河村尚子」プロフィール


出展:蜜蜂と遠雷公式サイト

「蜜蜂と遠雷」の主人公である、
栄伝亜夜のピアノを担当した
ピアニストは、
河村尚子さんです。

河村尚子さんの
プロフィールを公式サイト等で
調べてみました。

名前:
河村尚子
(かわむら ひさこ)

生年月日:
1981年5月10日

出生地:
兵庫県西宮市

活動拠点:
1986年、5歳でドイツに渡り、
それ以降、ドイツでピアノを学び、
ヨーロッパの様々なコンクールで入賞
活動拠点もドイツ

コンクール受賞歴:
大学時代ーヴィオッティ(ヴェルチェリ)、
カサグランデ、ゲーザ・アンダにて優勝・入賞

2006年ーミュンヘン国際コンクール第2位

2007年ークララ・ハスキル国際コンクールにて優勝

その他の受賞:
文化庁芸術選奨文部科学大臣新人賞
新日鉄音楽賞
出光音楽賞
日本ショパン協会賞
井植文化賞
ホテル・オークラ音楽賞

日本デビュー:
2004年に小林研一郎指揮の
東京フィルハーモニー交響楽団
定期演奏会にてデビュー
2019年で日本デビューから
15周年となる。

「春と修羅」について:

コンクール課題曲「春と修羅」を
栄伝亜夜のピアノとして表現した時は、

旋律をシンプルで美しく歌うよう心がけ、
微妙に変化するハーモニーに伴い
音色を変えていったそうです。

カデンツァでは少しアグレッシブに、
リズムやアクセントを機敏に
演奏されたとの事です。

女性ならではの、美しい旋律が
浮かんでくるようですね・・・
カデンツァのアグレッシブな
タッチも気になります。

映画館で、
ピアニスト・河村尚子さんの奏でる、
栄伝亜夜のピアノを
聞くのが楽しみです。

そして、主役の栄伝亜夜の
ピアニストだけあって、
河村尚子さんの
コンテスト受賞歴も
輝かしいですね。

河村尚子さんのピアノには、
リアルなコンテストの臨場感も
表現されていそうで、
期待が益々高まります。

高島明石のピアニスト「福間洸太朗」プロフィール

出展:蜜蜂と遠雷公式サイト

「蜜蜂と遠雷」にて家庭を持つ社会人
高島明石のピアノを担当した
ピアニストは、
福間洸太朗さんです。

福間洸太朗さんの
プロフィールを公式サイト等で
調べてみました。

名前:
福間洸太朗
(ふくま こうたろう)

出生地:
東京都

出身校:
都立武蔵高校卒業
パリ国立高等音楽院
ベルリン芸術大学

活動拠点:
2019年時点では
ドイツ・ベルリンに在住

コンクール受賞歴:
20歳の時に、クリーヴランド国際コンクールで
日本人として初の優勝し、
ショパン賞も受賞する

ルービンシュタイン、
サンタンデール、
ジーナ・バックアワーなどの
国際コンクールにも入賞

「春と修羅」について:

コンクール課題曲「春と修羅」を
高島明石のピアノとして表現した時は、

楽譜にある作曲家の指示を尊重し、
真面目に、ハートのある演奏を
意識したそうです。

春と修羅の作曲家である、
藤倉大さんの意図を実現すべく、
華やかさを求めず、
詩的な世界を生み出そうと思い、
演奏されていたそうです。

カデンツァの部分では、
無条件の愛、
懐かしさ、癒し、
などを表現されているそうです。

福間洸太朗さんの春と修羅、
一体どんな音なのでしょうか、
楽曲に対して、真摯で、
美しい旋律を想像しています。

スポンサードリンク

マサル・カルロス・レヴィ・アナトールのピアニスト「金子三勇士」プロフィール

出展:蜜蜂と遠雷公式サイト

「蜜蜂と遠雷」にて、ルックスも育ちも良く、
「ジュリアード王子」と呼ばれる、
マサル・カルロス・レヴィ・アナトールの
ピアノを担当した
ピアニストは、
金子三勇士さんです。

金子三勇士さんの
プロフィールを公式サイト等で
調べてみました。

名前:
金子三勇士
(かねこ みゆじ)

生まれ年:
1989年

両親:
父ー日本人
母ーハンガリー人

出身校:
バルトーク音楽小学校
国立リスト音楽院大学
(特別才能育成コース)
東京音楽大学付属高等学校
東京音楽大学
ピアノ演奏家コースを首席で卒業

活動拠点:
2019年時点では
ドイツ・ベルリンに在住

コンクール受賞歴:
2005年7月
バラッシャジャルマット国際コンクール グランプリ優勝(ハンガリー)

2005年10月
コンツェルテウム・ギリシャ国際コンクール優勝

2006年1月
シンメルUSASU 国際ピアノコンクール優勝(米国)
2008年3月
バルトーク国際ピアノコンクール優勝(ハンガリー)

その他の受賞:
ホテルオークラ音楽賞
出光音楽賞
C.I.V.C.ジョワドヴィーヴル賞
上毛芸術文化賞(音楽部門)受賞

「春と修羅」について:

金子三勇士さんは、マサルという役柄に
自分と共通する部分を感じていたそうです。

複数の国や文化の中で、
音楽をやってきたという設定が
確かに似ていますね。

コンクール課題曲「春と修羅」の
マサルのカデンツァについては、
超絶技巧的な難曲の為に、
かなりの覚悟で演奏を
されていたそうです。

超絶技巧的な難曲を
金子三勇士さんが奏でると、
いったいどんな感じなのでしょうか。

原作の設定としては、
コンクール大本命だそうですし、
金子三勇士さんのピアノ全般、
気になっています。
早く映画館で聞いてみたいです!

風間 塵のピアニスト「藤田真央」プロフィール

出展:蜜蜂と遠雷公式サイト

「蜜蜂と遠雷」にて、
正規の音楽教育を受けていない、
天才肌の風間 塵のピアノを担当した
ピアニストは、
藤田真央さんです。

藤田真央さんの
プロフィールを公式サイト等で
調べてみました。

名前:
藤田真央
(ふじた まお)

生年月日:
1998年11月28日

出生地:
東京都
3歳からピアノを始める

コンクール受賞歴:
2009年
日本クラシック音楽コンクール全国大会グランプリ
世界クラシック2010・ジュニア部門第1位

2010年
全日本学生音楽コンクール小学校の部
東京大会第1位、全国大会第1位

2013年
ロザリオ・マルチアーノ国際ピアノコンクール
日本人初の第1位、ワーグナー・ヴェルディ賞

2015年
珠海国際モーツァルトコンクール
ピアノ部門グループB・第1位

2016年
浜松国際ピアノアカデミーコンクール第1位
ジーナ・バッカウアー国際ピアノコンクール
ジュニア部門第3位

2017年
クララ・ハスキル国際ピアノコンクール第1位
青年批評家賞、現代曲賞、聴衆賞など
3つの特別賞受賞

2019年
チャイコフスキー国際コンクール
ピアノ部門にて第2位

「春と修羅」について:

藤田真央さんは、風間 塵のピアノに
ついて、藤田真央さん自身に近い
演奏をしていたそうです。

ただし、コンクール課題曲
「春と修羅」のカデンツァについては、
原作から感じた、
天才肌の「風間 塵」を意識して、
自由で、即興性・野性的な演奏を
心掛けたとの事です。

コンクール受賞歴も凄いですし、
まさに天才肌な藤田真央さんが
風間 塵の音をどんな風に
表現されたのか、

映画館で藤田真央さんの音が
どう響くのか、非常に楽しみです。

まとめ

映画「蜜蜂と遠雷」のピアノを
担当された、
ピアニスト4名の方と、

課題曲「春と修羅」を
それぞれどのように
感じて演奏されたのか等、

公式サイトプロフィールや、
インタビューなどを
調べてみました。

映画を見るのが益々楽しみに
なりつつも、

調べて見る程に、
映画よりも先に、

やっぱり…原作小説を読みたい欲も
沸いて来てしまい、、、
ちょっと迷っています…

映画を見た後、また別途
感想なども書けたらと思います。

最後まで読んで頂き、
誠に有難う御座いました。

スポンサーリンク



シェアする

フォローする