キングダム【映画】左慈(さじ)役の坂口拓はどんな人?結婚して嫁と子供は?引退時のアクションがヤバすぎる




こんにちは、
キングダムの映画、
面白かったです!
しましまです。

原作漫画のファンとしては、
実写の映画化って
一体どうなるのだろう。
と、半信半疑ながらも、

やはり、あの世界を
リアルで見てみたいので、
映画館にて観て来ました。

感想は色々ありましたが、

続編をやって欲しい!
と思っています。

続編が見たい理由は、
今度こそ、
きょうかいの実写
見たいからですが、

蒙恬(もうてん)役や、
王賁(おうほん)役の
キャスティングも気になりますし、

今回の映画が5巻までだと思うと、
続編は10巻とか、
16巻位までか?

あれ、それだと
蒙恬(もうてん)や、
王賁(おうほん)は
まだ出てこない?

続編やるなら、確実に
王騎(おうき)が
さらに沢山出演しますよね、

そして、忘れてはいけない、
李牧(りぼく)役
キャスティング
気になりますね。

謄(とう)の
ファルファル

実写の再現度も
気になりますし。

原作ファンはどうしても、
漫画で心に残るシーンを
思い浮かべては、
勝手に想像して
期待してしまいます。

キングダムの映画で、
意外だったのが、
左慈(さじ)役のキャスト

坂口拓さん
アクションが凄くて、
活躍していた点です。

左慈(さじ)って、
原作漫画では、
そこまでの凄い活躍を
していなかったですが、

映画での坂口拓さんの
存在感が凄かったです。

という事で、
映画キングダムで印象深かった、
左慈(さじ)役を演じた、
坂口拓さんという方が、
どんな人なのか気になったので、
調査してみました。

スポンサードリンク

キングタム【映画】左慈(さじ)役の坂口拓(TAK∴)さんのwiki風プロフィール

出展:https://twitter.com/tak_ninnin


本名:

坂口拓(さかぐちたく)


別の活動名:

匠馬敏郎
TAK∴


生年月日:

1975年3月15日
(45歳‐2020年5月時点)


出生地:

石川県


身長:

175 cm


血液型:

A型


職業:

アクション俳優・アクション監督
アクションコーディネーター
映画監督

坂口拓さんは、
アクション俳優として
沢山の映画やドラマに
出演されています。
「あずみ」「パッチギ!」
「アキハバラ@DEEP」など

さらに、アクションデザインや、
アクション監督として、
演出する立場でも、多くの作品に
関わっています。

ジブリ映画の可愛い作品
魔女の宅急便」の
アクションディレクターも、
匠馬敏郎の名義
務めています。

筆者はあまりアクション系の
作品を見ないので、
知らなかったのですが…

アクション映画が好きな人なら
知っている、
かなり実績も知名度もある
俳優さんです。

顔立ちは、ザ・和顔
貴乃花親方だったり、
誰かに似た雰囲気を
感じました。

主役も、悪役も多数務めた、

売れっ子の坂口拓さんでしたが、、

2013年3月4日、
38歳になる直前に
一度引退をされています。

引退の理由って、
怪我や病気か、

結婚して、奥さんが出来て、
お子さんが生まれたり、
家庭の事情とかでしょうか?

38歳ならまだまだ働き盛り。
監督もやられていた
坂口拓さんであれば、
病気やケガで、アクションが
出来なくなっていたとしても、

監督やディレクターとして
ずっと仕事が出来た筈です…

と、気になったので
引き続き、引退について
調べてみました。

坂口拓(TAK∴)さんは、一度引退していた!引退時の映画が凄すぎた件

坂口拓さんは、アクション俳優に
なる為に、まず最初に
JAC(ジャパンアクション
エンタープライズ)という
芸能事務所に入っていますが、
半年でやめています。

その理由は、
本当に人を殴るような
アクションが

出来なかった為。

JACで教えてくれるアクションは、
自分が求めているリアル
ではないと感じたから。

本気で人を殴る
アクション…
怖いですが、
本物志向な部分が
カッコいいですね。

事務所を辞めても、
夢をあきらめた訳ではなく、

公園などで、個人で
短編アクション映画を
毎週撮っていたそうです。

当時は、派手な蹴りの
アクションが多かった中、
リアルを追及して、
ボクシングを始め、
足技ではなく、
手の技術を極めたり。

マジ当て」として、
アクション時に
本当に蹴りを当てたり。

当時は、坂口さん一人だけが
それをやっていたそう。

(当てられる方は痛いし、
ケンカにならなかったん
でしょうか?)

坂口拓さんは、

リアルなアクションを
追及し続けて、

自身で映画を作り、演じ続け、

その結果、
役者に近く、
役者の立場に立った

演出が出来る、
アクション監督として
唯一の存在となります。

仕事にも困らない状況まで
達していたのに、
坂口拓さんが
なぜ引退したのかと言うと、

ぬるま湯の、
流れるプールで

ずっと泳いでいる
気持ちだったから、

という事なんだそうです…
(どこまでもカッコイイ…)

引退を発表した当時は、
周りの方は驚かれたそうです。

そして引退の直前に作った、
短編映画「狂武蔵」
(くるい武蔵)
なんですが、、、
これがとにかく凄いです…


ワンカット・
77分間

588人斬り
冒頭5分で指の骨を骨折
(残り72分あるけど?)

肋骨も全部骨折

(全部?)
奥歯も全部砕ける
(歯を食いしばった為だそう・・・)

いやいや、マジ当て・本気にも
程がありますよね。

この「狂武蔵」の
77分が終わった時、
坂口拓さんは、

自分ひとりでは
進化もできないし、

このままリアルを
追い求めてもダメだな、

自分の求めるアクションは
すべて終わった

と感じたそうです。

引退後、坂口拓さんは、
蹴りが苦手だったので、
蹴りの練習をしていたり、

「狂武蔵」の映像を、
剣術家に見て貰い、
アドバイスを貰う等の
研究をされたりしていて、

その中で、
稲川義貴さんという方に
出逢います。

稲川義貴さんという方が
また凄いのですが、
米軍特殊部隊の
格闘技教官を務める

本気の実践の格闘技術を教える方
なんだそうです。

この方との出会いから
坂口拓さんは新しい技術を学び、
それをアクションに
生かしてみたいという
新しいモチベーションが生まれた
そうです。

そして、2017年8月に
「リボーン」という作品で、
俳優としては3年ぶりに
活動を復活し、現在も活動を
続けているそうです。

スポンサードリンク

坂口拓(TAK∴)「狂い武蔵」が2020年8月に映画公開!

出展:映画ニュースサイト

坂口拓さんが、一度引退する
直前に撮った映画、
「狂武蔵」(くるい武蔵)ですが、

なんと9年間の時を経て、

2020年8月21日(金)より
映画の公開が決定しています。

そして今回の映画化で
キングダムで
信役だった山崎賢人さんも
出演しています。

9年前に、坂口拓さんが
撮ったシーンに、
山崎賢人さんなど、
新しいシーンを追加する形で
完成した映画の様です。

絶対もの凄い映像に
決まっているので、

アクション映画のファンの方は
必見ですね!

筆者は怖い映画が
苦手なので…

しかも、肋骨が全部折れて
歯も全部砕けたという
情報を知ってしまったので、

「狂武蔵」をまともに
見られる自信が
ちょっとないのですが…

「狂武蔵」の予告動画が
公開されていたので、
貼らせて頂きます!

アクションシーンに
鳥肌が立ちました、
ホント凄いです…

坂口拓さん、引退期間を経て、
益々ご活躍をされていて
本当にカッコいいですね!

長くなってしまったので、
次のページに続きます!

坂口拓さんの結婚・嫁・子供調査!
2019年にクリスマスを
一緒に過ごしたお相手とは?
次のページへ

スポンサーリンク



シェアする

フォローする