9月入学が導入されると保育園はどうなるの?メリット・デメリットは?




こんにちは、
緊急事態宣言、
全国解除となりましたね、
しましまです。

もうすぐ6月になり、
長かった休校期間も終わり、
新しい生活様式での
スタートとなるんですね。

4月後半から噂のあった
9月入学・9月新学期案の
検討状況ですが、
メリット・デメリット含めて
色々な意見が出された上で、
近い内に結論が出されそうです。

とは言え、
今後も新型コロナウィルスの
第二波・第三波が来た時に、
特に冬場に…
また9月入学・9月新学期案が
出ないとも分からないので、

現時点で色々と出た意見などを、
覚えておくためにも、

保育園・幼稚園や、
保活をしようとする方にとっての、
メリット・デメリットの、
視点で、再度の整理を
しておきたいと思います。

※2020年4月29日に
最初の記事を書いた後、

2020年5月27日時点の
情報を反映し、
記事を更新しています。

スポンサードリンク

「9月入学・9月新学期案」の検討状況ニュース・まとめ

9月入学・9月新学期案の
ニュースの中で、
検討状況について参考に
なったものを、
日付が新しい順に、まとめました。
リンク先も付けています。

■2020年5月27日
政府が検討中の「9月入学」について、
自民党のワーキングチーム(WT)が
まとめた提言の原案は、
今年度や来年度など
直近の9月入学導入の見送りを求める
生徒・児童への負担が大きく、
制度改革には国民的な合意や
一定の期間が必要と結論づけた。
参考ニュース

■2020年5月27日
政府は、感染リスクの高い地域の
小中学校を対象に3100人の教員を
加配する方針を固めた
参考ニュース

■2020年5月26日
政府が導入を検討する
「9月入学」について、
公明党の山口代表は
「十分な議論が必要だ」と
慎重な姿勢を示しました。
参考ニュース

■2020年5月26日
萩生田光一文部科学相は
26日の閣議後会見で、
「何が何でも9月に
移行するんだということを、
公の場でも非公式の場でも
一度も言ったことはありません」と話し、
議論は「冷静にやっている」と強調した。
~中略~
休校による学びの遅れを取り戻すための
選択肢の一つとして検討中だと説明した。
参考ニュース

■2020年5月26日
大学教授や子どもの支援に
関わる関係者らが26日、
文部科学省で記者会見し、
「今やることなのか。
新型コロナウイルス感染症の
流行第2、3波に備え、
オンライン教育の充実などに
取り組んでほしい」と訴え、
拙速な導入に反対した。
参考ニュース

■2020年5月22日
「日本教育学会」は22日、
政府が検討している「9月入学制」について、
長期化する休校で生じた
学習格差の解消には
つながらないとして、
教職員の増員や
オンライン学習の環境整備などによる
学校現場の強化を求める代替案を
萩生田光一文部科学相らに提言した。

参考ニュース

■2020年5月22日
自民党内の提言には、
中堅・若手約60人が署名。
9月入学とした場合、
移行期に待機児童が大量に発生し、
家計の負担が増加するなどの問題が生じ、
必要な法改正も30本以上にのぼる
として慎重な検討を求めた。
参考ニュース

■2020年5月20日
全日本私立幼稚園連合会が19日、
「現段階での拙速な9月
入学・始業への移行に反対する」
などとする意見書
自民党のワーキングチームへ提出
参考ニュース

■2020年5月20日
保育園の団体からは、
9月入学を導入した場合、
園児が一時的に50万人増加する
という試算もあるとして、
対応できるか不安だという意見が出た。
参考ニュース

■2020年5月13日
今年度中にできなかった
教育課程は、
次の学年に持ち越し、
数年かけて学習を取り戻す
文部科学省から
発表がされました。
参考ニュース

ニュースを追ってみると、
5月の後半からは、
慎重にという意見の
ニュースが非常に多かったです。

高校3年生、中学3年生、
小学6年生など、
来年に受験を控えている
お子様のいらっしゃる方にとっても、

また、保活を控える方にとっても、
曖昧なままだと、非常に不安に
なりますよね。

まだはっきりしていないですが、
30を超える法改正が必要な事、
待機児童の問題、
教員・保育士不足、
教育格差の解消のメリットが
少ないなど、反対の意見も多く、
9月入学案は
見送りになる方向のように
感じています。

第二波・第三波が
連続して起こった場合、
9月でも間に合わないといった
事態にならない為にも、
オンライン学習の環境整備などを
優先してやるべきという
意見が現実的という気がします。

スポンサードリンク

「9月新学期案」の導入で保育園への影響は?メリット・デメリットは?

将来的なメリットは
あるのかも知れませんが…

幼い子供達にとっては、
4月が9月に変わる事で
大きなメリットは
無い気がしています。

それよりも、保活激戦区に
住んでいる方の中には、
預けられる期間の予想が
変わったり、

今の時点で同じクラスの
子供達の編成が変わるのか、
などの不安の方が大きいですし、

デメリットの方が
多いという気も、
しますね・・・

9月入学のメリットとして
国際的には9月が標準と

聞いていたのですが、
その後のニュースによると、
各国で入学時期は
バラバラという実態との事でした。

参考となるツィートを
貼らせて頂きますね。

という事で、
思い浮かぶメリット・
デメリットを書いてみます。

【デメリット】
・お別れ遠足や卒園式、
入学式が、夏の炎天下で
やりにくくなり、
また、台風シーズンによって
延期や中止になる心配がある。

・寒い地域の子供達は、
9月入園後、すぐに寒い季節・
インフルエンザシーズンに
入る事になってしまう。

→【メリット】
・将来的には、受験シーズンの大雪や、
受験時期にインフルエンザ罹患の
心配がなくなる。

【デメリット】
・保活の申請期間や、
学年の区切りが変わる事で、
4月入園を目指して、
妊娠をコントロールした人に
とっては、時期がずれる事により
計画が変わる。

・移行期に妊娠した人は、
産休・育休の予定が変わり、
職場の都合よっては、
退職せざるを得ない可能性がある。

→【メリット】
・9月入学導入・切り替えの
過渡期の場合は、
育児休業の期間が半年延長可能の
措置が取られる可能性が高く、
そうなった場合は、
子供と一緒に過ごせる時間が増える。

・企業の年度の切替えと、
入園・入学・進級の期間が
ずれる事で、
仕事の繁忙期と、子育てにおける
繁忙期がずれる可能性がある。

【メリット・デメリット混在】

・2021年の3月に
卒園・卒業する予定だったのが、
8月まで在園・在学に延長となる事で、
経済的負担が増加する。
受験の計画が変わる。
就職の計画が変わる。

・幼稚園の受験、
小学校の受験については、
勉強や準備の期間を予定よりも
長く取れる子供もいれば、

4月から8月生まれの子供達が、
移行年度として、1.4倍の
マンモス学級が生まれる場合、
予定よりも早い受験・入園を
しなくてはならない場合は、
デメリットや不安も大きい。

・中学・高校・大学受験の子供達は、
受験期間が延びる事で、
メリットあり。

・保活、就職に
関係する年代の人達については、
企業側が柔軟に対応できない限り、
デメリットの方が大きい恐れあり。

例えば、企業が9月採用の体制を
整えられないと、
その年の就職活動が混乱する。

企業のルールで1歳までに
職場復帰する条件などがあった場合、
9月入学の制度変更によって、
入園の時期が延びる事で、
解雇される人が増えてしまう、など。

新型コロナウィルスで
倒産・廃業が1万件を超えるという
ニュースもある中で、

企業や社会にも影響がある
9月入学を今やる必要があるのか、
慎重な意見が多いのも分かる気がします…

9月入学・9月新学期の場合の、保活スケジュールはどうなる?

参考に、保活を行う期間について、
4月と9月を比較した
年間スケジュールの変化を、
表にしてみました。

★部分は、保活期間の目安です。

4月入学 9月入学
4月 入学・進級 保活の申請
5月
6月
7月 保活の結果通知
8月
9月 入学・進級
10月
11月 保活の申請
12月
1月
2月 保活の結果通知
3月

現在は4月で、保育園の
激戦区の場合は、
保活も早めから動いている
方も多いと思うので、
★マークは長めに設定しています。

保活の激戦区の人達にとって、
9月入学への切り替えで、
これ以上、
保活が厳しくなる事が

無いようにして欲しいです…

今はまだ、導入の
「検討」段階なので、
追加情報があれば、
追記・整理したいと思います。

スポンサードリンク

9月入学導入で保育園の年長・年中の区分けはどうなるの?

現在、保育園に通っている
お子さんが居る場合、

特に年長さん・年中さんは、
来年の小学校入学が、
9月入学になると、

一体どういう学年分けに
なるのか、気になりまくりですよね。

現在、政府の検討案は
いくつかあるようですが、

学年の区分けを一気に変えて、
新1年生を、1.4倍にする案、
数年かけて変更する案、
小学校ゼロ学年として、
4月から入学する案など、、

ですがどの案も、
未就学児の学年が分断される事で、
幼児教育を受けられずに、
飛び級する子供達が発生していまい、
かなり問題があると
反対のご意見が多い様です。

前述したニュースにあった通り、

全国の保育園団体、
全日本私立幼稚園連合会、
大学関係者など、
さまざまな所からも、
慎重な検討をという意見が
出されているので、

学年分断となるような案は、
見送りとなる気がしています。

今後、はっきりした情報が
分かりましたら、
区分けについても
整理したいと思います。

9月入学導入で「早生まれ」はどう変わる?保活に有利なのは何月生まれになるの?

もしもですが、
9月入学が導入されると、
保活に有利なのは、

何月生まれという事に
なるのでしょうか?

保活に有利というのは、
一般的には「遅生まれ」です。

保育園は、0歳クラスから
スタートする園が多く、

0歳クラスの時点で、
保育園に入っている子供達が、
毎年進級して行くので、

1歳クラス、2歳クラスなどの
途中学年のクラスから
入園するのが、
難しいケースが多いです。

特に、保活の激戦区では、
0歳クラスから入る事も
難しいと悩む方も多いです。

また、生後6か月未満の
お子さんを預かる事が出来る
保育園が少ない為、

0歳クラスから入りたい場合は、
入園する年の4月の時点で、
生後6か月を
過ぎている必要があります。

つまり、4月から9月生まれの
お子さんの場合は、

翌年の4月には、
生後6か月を超えている為、

0歳クラスからの保活は
やり易いのが現状です

出産して、乳児を育てながらの
保活を行うのは、
産後の母体には、
精神的にも肉体的にも負担が
大きいのですが、

保活の激戦区の場合は、
多くのお母さん達が
苦労をして、保活をしているのが
現状ですよね・・・

もし、9月入学・入園に切り替わると、
この保活のタイミングは、

どの様に変わるのか、
現時点では、何も発表がない為、
あくまでも予想ですが、
表にしてみました。

9月入園の保活イメージ表は、次ページへ!

スポンサーリンク



シェアする

フォローする

コメント

  1. momo より:

    7月に出産予定で来春保育園で仕事復帰を考えていたので、今回こんなことになり不安で色々調べてたらこのブログに辿り着きました!momoと言います。

    1つ気になっているのが来年9月保育園入学が正式に決まった場合は、今年9月以降に産まれる子は0歳枠の申し込みとなり、去年9月〜今年8月(もしくは9/1)は1歳枠での申し込みとなる可能性が高いのでしょうか?

    今年4月〜来年8月(9/1)で保育園を申し込むことになるかもしれない…という情報も見かけたのでどうなるのかな?と思いまして。
     
    ただでさえ激戦区の地域なので0歳申し込みができなくなることに不安です…。
    また、記載がありましたが育休が2歳までから延長されること可能性もあるんですか?

    もしよければお考えをお聞かせていただけたら幸いです!よろしくお願い致します。

    • しましま より:

      >momoさん

      コメントを頂き、誠に有難う御座います。
      7月にご出産のご予定との事で、
      おめでとうございます!

      私も以前、激戦区の保活
      経験がありますので、

      9月入学の検討というニュースで、
      保活について不安になるお気持ち、
      痛いほど分かります。

      ご質問を頂いた件ですが、
      現時点ではまだ「検討段階」で
      何も決まっていない状況なので、

      ネット上の色々な情報は、
      予想ばかりですし、

      当サイトの情報も、
      私個人の意見や、マスコミ社の
      発信を集めた情報ですので、
      momoさんの不安を和らげる事が出来るかは
      自信が無いのですが・・・

      一応、過去の保活経験や、
      現状の情報からの、自分の考えを
      お答えさせて頂きますね。

      ■ご回答1
      まず、順番は前後しますが、
      育児休業期間の延長は、行わないと、
      仕事を辞めざるを得ない人が
      出てしまいますので、
      必ずやるべき措置だと考えます。

      それでなくとも、
      新型コロナウイルス対策の自粛期間により
      倒産・失業が増えている状況も
      既に問題となっていますので。。。

      ■ご回答2
      去年9月〜今年8月(もしくは9/1)は
      1歳枠での申し込みとなる可能性が高いのでしょうか?

      →保育園は厚生労働省の管轄なので、
      文部科学省の対応と、
      全く同じタイミングで、
      足並みを揃えて変更が
      出来るのかは疑問ですし、

      そこまですぐに
      1歳枠の考え方が変更になる
      可能性が高いと思えないです。

      一気に制度を変更しても、
      企業側が9月からの採用に
      対応出来なければ、
      就職難の学生が大量に発生します。

      ですが…
      30日に具体的に進んでいるという
      ニュースが出ている為、
      どの様な方針に決まるのか
      分からないものの、

      見切り発車を懸念する、
      反対意見も多く出ている様ですし、

      「保活と就活」に関する部分は、
      すこし猶予期間を置いてからの
      変更にして欲しいと願っています。

      あまりはっきりした
      ご回答も出来ず、申し訳ありませんが…

      この様な時こそ、
      ご自身のお体やメンタルをケアする事を、
      最優先になさって下さいね。

      7月に、momoさんが母子共に健康で
      元気にご出産をされる事を
      心からお祈り申し上げます。

  2. momo より:

    親切に詳しく教えていただきありがとうございます!
    9月入学を決めるには全てにおいて調整をしなければならないので想像以上に大変なことなんだと感じました。
    厚生労働省と文部科学省で保育園の管轄が異なるということなど詳しく教えて頂けて不安になっていた気持ちが少し和らぎました。
    まだどうなるかわかりませんが、まずは元気な赤ちゃんを産むことに専念したいと思います。
    本当にありがとうございました!!