宇宙葬は生前予約できる?価格や内容とは?会社2社のプランを比較【ガイアの夜明け】

こんにちは、しましまです。

2018年2月6日のガイアの夜明けで、
後悔しない供養というテーマで
宇宙葬というものが紹介されるそうです。

宇宙葬?筆者は初めて聞いた単語です。
一体どんな内容で、値段はいくら?

日本では、最近「終活」が話題になってきたり、
お墓についても、墓仕舞いする人も
増えているとか。

葬儀については、代々のお付き合いの
お寺があるなら、迷う事はありませんが、

ここ!という決まりが無い場合は、
かなり迷いそうです。

宇宙葬の内容が、魅力的であれば、
是非、この方法が良いと、
生前に予約をしたい人も居るかと思います。

という事で、一体どんなものなのか
宇宙葬について調べてみました。

スポンサードリンク

宇宙葬とは、どんな内容なの?

まずは、ガイアの夜明けで紹介される
会社さんのサービス内容を調べてみました。

株式会社 国際通信社さんが母体の
「銀河ステージ」というサイトにて、

宇宙葬(スペースメモリアル)という
サービスを提供されています。

さらに、もう一社
提供している所がありました。

ガイアの夜明けで紹介「銀河ステージ」の宇宙葬プランとは?

宇宙葬には4種類あるようです。
それぞれの内容をご紹介します。

※2018年2月6日時点の情報です。

【 宇宙飛行プラン】

概要:
遺灰を収めたカプセルをロケットに搭載し、
宇宙空間※へと打ち上げるプラン。
ロケットは、アメリカで打ち上げられる。

到達点:
カーマンライン(海抜高度約100 km)

価格(税込み価格):
45万円(486,000円)

→打ち上げた後のロケットがどうなるか、
細かい記述が分かりませんでしたが、
おそらく地球の軌道を回った後に、
大気圏に突入して、流れ星となるのだ
と思います。
価格は、45万円から、
内容によってもう少し高額プランもありました。

【人工衛星プラン】

概要:
遺灰を収めたカプセルを人工衛星に搭載し
宇宙空間へと打ち上げるプラン。
打ち上げは、アメリカの専用の施設で
行われる。
人工衛星は、宇宙空間到達後、
最長で240年間にわたって軌道上を周回し
人工衛星の現在位置をスマホアプリで
いつでも確認できる。

到達点:
衛星軌道(海抜高度100 km以上、最長240年周回)

価格(税込み価格):
95万円(1,026,000円)

→最長で240周も、地球を回れるなんて!
凄いですね。残された遺族が
アプリで位置を確認できるのも
夢があって素敵だと感じました。

【月旅行プラン】

概要:
アメリカ航空宇宙局(NASA)の依頼で、
1999年より行っているプラン。
カプセルをロケットに搭載して月面まで
運んでくれる。

到達点:
月面(約350,000km)

価格(税込み価格):
250万円(270万円)

→価格が高く、打ち上げ時期も
そんなに選べなそうですが。

光輝く月に埋葬されるという事ですよね。
遺族は、毎晩、昼間でも、月を見る度に
故人をしのぐ事が出来るというのが
ロマンチックだと感じました。

【宇宙探検プラン】
概要:
カプセルを宇宙帆船(深宇宙探査機)
に搭載して、宇宙空間へと
打ち上げるプラン。
宇宙帆船は、宇宙の果てを目指して
いつまでも飛び続けます。

到達点:
深宇宙(∞)

価格(税込み価格):
250万円(270万円)

→これは、宇宙が大好きな人に
とっては夢のあるプランですね。

個人的には、月が好きなので、
価格が同じであれば、
月旅行が良いなぁと思いました。

公式サイトURL
http://ginga-net.com/

スポンサードリンク

「エリジウム・スペース社」の宇宙葬プランとは?

エリジウム・スペース社でも、
宇宙葬のプランがありました。

こちらの会社は2種類でした。

※2018年2月6日時点の情報です。

【流れ星供養】

概要:

遺灰の一部を宇宙へと打ち上げるプラン。
特別に準備された人工衛星で、
数日〜数年の期間をかけて、
地球を周回し、
その間は専用の無料アプリにて、
人工衛星の現在地と、壮大な宇宙から
観た地球の姿を、
リアルタイムで表示できます。
人工衛星は最終的に地球の大気圏に
再突入し、最終的に流れ星となり、
夜空からご家族を見守り続ける。

価格:
30万円

→価格は少し安いですが、
内容は充実している様ですね。

ただ、公式サイトでは
「売切れ」と表示されていました。

【月面供養】

概要:
遺灰の一部、およそ1グラムを
専用のカプセルに収め、月着陸船の
内部に搭載して、月面にお送りします。
初回の打上げは2017年後半を予定。

価格:
120万円

公式サイトURL
http://elysiumspace.com/ja/

宇宙葬は、生前の予約は出来るの?

どちらのサイトでも、
生前の予約が可能となっていました。

宇宙や月まで乗せるロケットや衛星は、
そんなに頻繁には飛ばない様で、

スケジュールが決まっている様ですね。

まとめ

「宇宙葬」は本人だけでなく、
残された遺族にとっても、
夢のあるプランの様に感じました。

とは言え、伝統的な葬儀や
埋葬方法も、
もちろん良いと思います。

ガイアの夜明けでは、後悔しない供養
という特集の様ですが、

今は、特に関係ないと思っていても
いざという時の為に、
視聴したいと思います。

少し前ですが、
しくじり先生の「終活」の授業が
とても参考になりました。

もしもご興味があれば、
是非、ぜひ、こちらの記事もご覧ください。

中田敦彦先生の「人生の終わりをバッドエンドにしない終活」

最後まで読んでいただき、
ありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする