帝王切開後の腹帯の巻き方の詳細!立つ時の痛みが減る方法とは?【雑学】

こんにちは、毎日新聞の
悩み相談の記事で、
光浦靖子さんの回答が
素敵だなぁと思った、
しましまです。

当サイトをご覧くださって
ありがとうございます。

前回記事で、帝王切開の方向けに
痛みを和らげる方法を書きましたが、

腹帯の巻き方の部分が、
文章だけでは分かりにくいかなぁと思い…

光浦靖子さんの様な
素敵な回答には程遠いのですが、

もうちょっと分かり易い様に
図を作成してみました。

前回記事のリンクはこちらです。

帝王切開の痛い時の対策は?いつまでがピーク?術後の「激痛」を和らげる方法とは?【雑学】

記事の最後に、光浦靖子さん回答の
リンクも貼りますね!

スポンサードリンク

帝王切開後、痛みを和らげるための、腹帯の巻き方は?

筆者が実際に巻いてみて、
良かったと思った巻き方です。

個人差があると思いますし、
傷の位置も重要なので、
実践される場合は、あくまでも
参考程度にして下さい。

ご自身の痛みを確認しながら、
試してみて下さい!

もし、この巻き方が辛かったら
すぐにやめて下さいね。

筆者の場合は、横切りで、
下の画像のピンク色の位置に
手術後の傷がありました。

腹帯のマジックテープ部分(赤い点線丸)が、
傷の上になると、巻いた後で傷みますし、
きつく巻くのが難しいので、

青い矢印の通りに、傷を避けて
脇腹部分(青い四角のライン)で
テープを止めていました。

ウエストのくびれに沿う様に、
2本(3本)のマジックテープを
それぞれ角度も調整して
しっかり止めます。

もしも、洗い替え等で腹帯を2本
準備されている場合、

上の図の様に、反対側の脇腹
(緑の四角のライン)でも、
腹帯を止めると、

まんべんなくお腹の皮と肉を
固定出来て、痛みが半減しました。

前回記事にも書きましたが、
買って来た腹帯がフリーサイズなどで
ちょっと緩い場合は、

腹帯の脇辺りを、縦に波縫いで
ザクザク縫って、きっちり閉まる様に
縮める事をお勧めします。

この方法は、後陣痛の痛みには
あまり効果が無いかもしれませんし、
傷にあたる部分に強く当たると
良くないと思いますが…

とにかく痛すぎる!
この痛みは何とかならないのか?
という感じの場合には、
試す価値ありだと思います。

普通に考えて、
指などを切ってしまって、
まだくっついていない、
生々しい傷があると、
傷の部分は触らないですよね。

傷を動かしたら、また傷が開くし
当然痛いですし。

この巻き方は、
傷を動かさない様にして、

傷の上に、妊娠中に伸びきった
お腹の皮や肉が乗っからない様に
する事が出来るので、
痛みが半減したのかと思います。

まとめ

前回記事で、腹帯の巻き方が
分かりにくかったかと思い、
少し細かく書いてみましたw

帝王切開が関係の無い人にとっては、
何のことやら?
という感じの記事ですが(笑)

余談ですが、冒頭で
筆者が触れた記事ですが、
有料記事に変わってしまっていました…

なので、変わりの記事として、
帝王切開で出産した場合に、
赤ちゃんの腸内細菌が
経腟分娩とは異なるという
研究結果についての記事を、
参考に貼りますね。

ちなみに、こういった記事を読むと、
帝王切開になった事で
アレルギーリスクが高まるのかと
少し不安にもなりますが、

何も知らないよりも、
こういう研究があるという事を
知っている方が、後からの対応も出来て
良いかなと、個人的には思うので。

■帝王切開の場合は、腸内細菌が
引き継がれないという研究についての記事

https://www.sotokoto.net/jp/essay/?id=110

https://www.natureasia.com/ja-jp/research/highlight/10482

それ以外にも、
母乳育児が腸内細菌に良い等の
研究結果もあるそうです。

出産時に帝王切開だった、
ミルク育児だった。

という場合でも、
全ての人がアレルギーになると
言う訳ではありませんし、

この2点って、
どうにもならない事情ですので、
お母さんが自分を責めたりしちゃ
絶対にダメです!

新しい命を出産するだけで、
すごい奇跡だと、筆者は思います。

腸内環境については、離乳食を取る頃から
大人の腸内環境と同じに変わっていく
という研究結果もあるようです。
http://www.daiwa-pharm.com/info/mitsuoka/6271/

なので、成長する過程の食生活にて、
腸内細菌を整える食事を
心掛ける事で、フォローして行けば
良いのではないでしょうか。

この方の記事がとても素敵でしたので
一緒にご紹介をさせて頂きますね。
https://ameblo.jp/oceansoul/entry-12374576367.html

まとめが長くなってしまって、
申し訳ありません。

帝王切開の前後で、
痛みや不安を感じている全ての方を
筆者は、心の底から、めちゃくちゃ
応援しています!

少しずつでも、その痛みから
解放されるように祈っています^^

最後まで読んでいただき、
ありがとうございました。