スーパーさいちのおはぎを仙台駅で確実に買う方法とは?通販はあるの?【スッキリ】

こんにちは、しましまです。

10月6日放送の、スッキリを見ていたら、年商2億円も売れている「おはぎ」が紹介されていました!

「おはぎ」だけで年商2億円!でも東京駅などの人が集まる所で販売されているのではありません。

なんと、仙台駅と山形駅から車で30分~40分程の秋保温泉街にある、個人店のスーパーマーケットにて販売されているんだそうです。

年商2億円も売れている大人気の「おはぎ」について、通販はあるのか?現地以外で買う方法があるのか?などを調べてみた所、

お店の他に、仙台駅付近でも2か所で、販売されている事が分かりました!

何時位から並べば、確実に手に入るのかも、電話で確認しましたので、詳細をご報告します!

スポンサードリンク

伝説のスーパー!主婦の店「さいち」について

出展:https://tabelog.com/

従業員数15名の個人店で、80坪程の小さな敷地のお店なのに、年商7億円。

仙台の山奥・温泉街にあるのに、県内外からお客さんが殺到して、行列を作るスーパー。

売上の50%を、おはぎとお惣菜の「惣菜部門」が占めているそうです。

経営状態が素晴らしいので、その経営の秘訣を学ぶために、全国600社から視察研修依頼が殺到していて、

セブン&アイ・ホールディングス名誉会長であり、イトーヨーカ堂創業者の伊藤雅俊氏、

「餃子の王将」大東隆行社長なども視察にやってきたそうです。

今回、私は「スッキリ」を見ていて初めて知ったのですが、今までに「TheサンデーNEXT」、「カンブリア宮殿」、「日経ビジネスオンライン」、「ケンミンショー」、「マツコの知らない世界」、「所さんの目がテン」など、様々なメディアで取り上げられています。

仙台の温泉街にあるのに、お客さんだけでなく、同業者の視察依頼も殺到、メディアにも何度も取り上げられて来ている。

伝説のスーパーと呼ばれてしまう、すごいお店だそうです。

スーパーさいちの「秋保おはぎ」とは?

経営ノウハウも気になる所ですが、まずは年商2億の「秋保おはぎ」について、

ご紹介します。

過去最高では、1日に2万5000個も売り上げたという、おはぎ。

お客さんのおばあさんから「おはぎ」を作ってほしいというリクエストを元に、

36年前に約1ヵ月の期間をかけて、開発されました。

それ以来、味を一切変えずに作られ続けて来たそうです。

味の決め手となるあんこは、北海道産の小豆、水、砂糖、塩を加えて、3時間炊きます。

炊きあがったあんこは、毎日社長が味をチェックするそうです。

さいちのおはぎ・お惣菜には、化学調味料、添加物、保存料は一切使われていません。

優しい素朴な味わいで、スッキリとしたあんこなんだそうです。

おはぎの種類は、「あんこ」「きなこ」「黒ゴマ」に加えて、季節限定の「納豆」

すべて1つが108円です。

全部食べてみたいですが、一個が結構大きめでボリュームあります。

保存料を使わないので、賞味期限はその日中。

日持ちしない分、お客さんが何度も足を運んで買いに来るのも分かる気がします。

さいちの「おばぎ」購入情報は、次のページへ!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする