シャイニーのジョンヒョンさんが自殺?なぜ???最後のメッセージやニュースを調査

友人が公開したという、ジョンヒョンさんの遺書(全文)

ジョンヒョンさんの友人だった、ロックバンドDear CloudのナインさんがSHINeeのジョンヒョンの遺書を公開したとのニュースもありました。

ナインは19日、自身のInstagramに「ジョンヒョン本人から、(ジョンヒョンが)この世から去ったらこの文章を必ず直接投稿してほしいと頼まれた。こんな日が来ないことを願ったが、家族と相談して彼の遺言によって遺書を投稿する」という文章を掲載した。

【Dear Cloud ナインが公開したジョンヒョンの遺書全文】

僕は内側から壊れた。
ゆっくり僕を食い荒らした憂鬱は結局僕を飲み込み、僕はそれに勝てなかった。
僕は僕を憎んだ。途切れる記憶を握り、いくらしっかりしなきゃと叫んでも答えはなかった。
詰まった息を楽にしてあげられないなら止めたほうがいい。
僕に責任が持てる人は誰かと聞いた。
あなただけだ。
僕は完全に一人だった。

終らせるという言葉は簡単だ。
終らせることは難しい。
それが難しくて今まで生きてきた。
逃げることだと言われた。
そう、僕は逃げたかった。
僕から。
あなたから。
誰かと聞いた。僕だと言った。また僕だと言った。そしてまた僕だと言った。
なぜ何度も記憶を失うのかと言われた。性格のせいだと言われた。そうですね。結局全部僕のせいですね。
気付いてほしかったけど、誰も知ってくれなかった。僕に会ったことがないから僕がいるのも知らなくて当然。
なぜ生きるか聞いた。ただ。ただ。みんなただ生きていると言った。
なぜ死ぬのかと言われたら、疲れたからと言いたい。
苦しめられて悩んだ。もううんざりな痛みを歓喜に変える方法は学んだこともなかった。

痛みは痛みでしかない。
そうしないでと僕を責めた。
なんで? どうして僕は自分の思い通りに終わらせてはいけないのですか。
なぜ辛いのか考えなさいと言われた。
とてもよく分かっている。僕は僕のせいで辛い。全部僕のせいで僕が悪いのだ。
先生、こんなことが聞きたかったんですか?
いいえ。僕は何も間違っていません。
落ち着いた声で僕の性格のせいだと言ったとき、医者ってとても楽なもんだなと思った。

なぜここまで辛いのか不思議なくらいだ。僕より辛い人々もちゃんと生きているのに。僕より弱い人もしっかり生きているのに。
違うかもしれない。生きている人の中で僕より辛い人はいないし、僕より弱い人もいない。
それでも生きていけと言われた。
なぜそうしなきゃいけないのか数百回聞いても僕のためではない。あなたのためだ。
僕のためと思いたかった。
知らないくせに勝手に言わないで。
なぜしんどいか考えてみなさいなんて。何回も言っただろう。なぜ僕がしんどいか。それだけでこんなに辛くてはいけないのか? もっと具体的なドラマが必要なのか? もっとエピソードがあってほしいのか?
もう言っただろう。もしかしたら聞き流したんじゃないの? 勝ち抜くことができるものなら傷は残らない。

世界とぶつかるのは僕の分け前じゃなかったみたい。
世の中に知られるのは僕の人生じゃなかったみたい。
みんなそれで大変だと言った。ぶつかって、知られて大変だった。なぜそれを選んだのか。笑えるもんだ。
今まで耐えてきたのが不思議なくらいだ。
何をもっと言えるか。ただお疲れさまと言ってほしい。
これまででよくやったと。苦労したと言ってほしい。
笑うことはできなくても、責めて送り出さないでほしい。
お疲れさま。
本当にお疲れさま。
さようなら。

引用:http://news.kstyle.com/article.ksn?articleNo=2084369

とても辛かった様子が伝って来ますね。胸が痛みます。。。

まとめ

とにかく、ただただ信じられないという気持ちですが、色々なニュースを見ると、やはり現実なのでしょうか。

日本でも活躍していたアイドルグループ・シャイニーのメンバーという事で、日本のテレビ番組でも沢山取り上げられそうですが。

それでもやっぱり、これは誤報だったりしないのかなと思ってしまう位に、信じられないです。。。

残された家族や、ファンの方達の悲しみは計り知れないですし、自殺という選択肢を取る位なら、

アイドルをやめて、苦しんでいる状況をなにもかも手放してしまって、

自分がやりたくても出来なかったことを、すべてやりつくして、

楽しい事を満喫して、沢山働いた貯金を使い果たす位遊ぶとか、、、

ジョンヒョンさんを誰も知らない人ばかりの、どこか綺麗な自然や景色の沢山みられる場所で、悠々自適な日々を送るとか。。。

そんな風に楽しく新生活を送ってくれる方が、本人も家族も幸せでしょうし、ファンにとっても絶対嬉しいのに。など、悲しい気持ちの中で、ふと思ってしまいました。。。

とりとめもない記事で、申し訳ありません。

最後まで読んで頂き、有難うございました。