バレーボール選手にプレゼントを渡すには?選手に会いたい時は?

こんにちは、しましまです。

今回は、プロバレーボール選手に手渡しでプレゼントを渡したり、

一緒に写真を撮って貰ったり、サインを貰ったり、

選手を間近に見たりするには、どんな方法があるのか?気になって調べて見ました。

TVで応援するだけでなく、選手に直接会って、一言でも応援メッセージを交わす事が出来たら、ますますファンになりそうですよね。

スポンサードリンク

選手を間近に見る方法

1.「公開練習」を見学する

【方法】

選手の所属するチームの、公式ホームページにて見学可能な日程と、練習場所について確認が出来ます。最近は公開練習を行っていないチームも多いので、公開練習に行ける場合は参加しておいた方が良さそうです。

【メリット】

練習の後に、出待ちがしやすく、選手を間近で見たり、プレゼントを手渡し出来る可能性が高いです。

【デメリット】

見学可能な日程が限られています。

お目当ての選手が、その日に必ず練習しているという保証が無いです。

全日本選手、海外移籍予定の選手の場合は、公開練習に参加できる日程がかなり限られて来ます。

【注意】

練習中の写真撮影や、記録を取って勝手に公開するなどは、もちろん厳禁です。

それ以外にも参加される際は、見学についての注意事項は、必ず守る様にして下さい。マナー違反の人が増えると、公開見学自体禁止となる可能性もあります。

2.試合を観戦する

【方法】

選手の所属チームの試合を観戦する。試合会場によっては、試合終了後に出待ちすると選手を近くで見られる可能性もあります。

【メリット】

一番確実に選手を見る方法ですね。

選手が一番輝いている姿を見て、応援出来る。公式試合を応援する事は、選手にも喜んで貰えます。

【デメリット】

試合会場によっては、出待ち困難な場合が多いです。

全日本の場合は、警備も厳しく選手も真剣なムードなので、ファンサービスの機会は少ないです。

試合の内容によっては、選手のムードが変わってくるので、声をかけたりしずらい事も多いでしょう。

【注意】

ここでも、基本的なマナーを守る意識が大切だと思います。

選手への愛がいくら強くても、無理やり裏口から潜入したり、トイレで待ち伏せする等の、過剰な行為はやめましょう。

選手が頑張っている、試合中の一番素敵な姿を、客席から写真に収めたり、試合前後のストレッチ等の練習風景や、ベンチの様子など、貴重なシーンは十分見る事が出来ますし、それだけでもワクワク・ドキドキ出来ますので、是非、試合会場に応援に行きましょう!

3.空港等の送迎

【方法】

全日本チームの場合は、海外遠征もあるので海外に出発する時や、帰って来る時に空港にて応援する。

【メリット】

海外の試合会場には行けなくても、旅立つ選手を応援出来る。

【デメリット】

何時の便で出発するのか等の細かい情報が分からないので、一日中待つ人もいます。

【注意】

ここでも、選手にとって迷惑となる行為、マナー違反は決してしない様にしましょう。

選手にプレゼントを渡す方法

1.所属チームにプレゼントを郵送する

お目当ての選手が所属するチームの公式ページに、手紙やプレゼントの宛先が掲載されています。

2.選手に直接手渡しする

ファンとしては、出来れば手渡ししたいと思いますが、手渡し出来るかどうかは、

チームや選手の人気度によるかと思います。確実に渡せる方法としては、1の郵送がベストでしょう。

スポンサードリンク

どんなプレゼントが喜ばれるか?

選手の所属チームの公式サイトには、選手の好きな物などが掲載されているので、

選手の好みをリサーチして、喜んで貰えそうなものを準備するのが良いと思いますが、飲食物は控えた方が良さそうです。

プレゼントに関しましては、選手の体調管理、衛生管理上の関係から、飲食物については極力お控えいただきますよう、ご協力の程よろしくお願い申し上げます。

引用:https://www.jti.co.jp/knowledge/marvelous/information/qa/index.html

あとは、選手が持って帰るのに困る程、大きかったり重かったりしない方が良いかと思います。

スポーツ選手でしたら、タオルなどの実用品も良いと思いますが、超人気選手の場合はプレゼントは沢山貰い過ぎているかも知れないので、

少し人と違うものを探したり、手紙だけでも応援の気持ちは十分伝えられるのではないかと思います。

まとめ

バレーボール選手に、直接会ったり、プレゼントを渡す方法について調べて見ました。

どの様な場面でも、選手に迷惑をかける事が無いように、マナーには気を付けるのが重要なのかなと感じました。

この記事を読まれている方の、選手を応援する想いがうまく伝わる様に祈っています!

最後まで読んで頂き、有難う御座いました。