大野将平さん(幼児教育)のお受験教室と保育園とは?家族構成が凄い!【ホンマでっか!?TV】

こんにちは、しましまです。

10月18日(水)フジテレビの「ホンマでっか!?TV」で、幼児教育評論家として出演される大野将平さん。

番組では、新米ママさん達の子育て相談にのって下さるとの事で、

「運動神経のよい子に育てるにはどうすればよい?」といった相談の、名回答が聞けるらしいので、とても楽しみです!

運動神経って、持って生まれたものが大きいのかなと思うのですが、一流アスリートには、親御さんが教育熱心だったりするエピソードを良く耳にするので、教育法次第で変わって来るものなのでしょうか。

大野将平さんが、どの様な教育を実践されている方なのか、気になったので調べてみた所、

とても素敵な保育園の代表を務めてらっしゃいました。

家族構成や、結婚式の素敵エピソードもご紹介します!

スポンサードリンク

大野将平さん所属 メリーランド教育研究所ってどんな所?

出展:http://kodomoto.tokyo/

大野将平(おおの しょうへい)

慶應義塾大学 環境情報学部卒業、慶應義塾大学院 経営管理研究科修了

桑沢デザイン研究所デザイン専攻科卒業

保育士、ケースメソッドインストラクター

大野さんは、以前は東京都武蔵野市の「メリーランド教育研究所」にて講師を務めていて、

同教室の公式サイト内で、ブログも書かれています。

こちらの研究所は、「幼稚園・小学校受験のための教室」だそうで、

大野将平さんのお母様の大野啓子さんが、所長を務められています。

出展:http://www.merry-land.jp/

「受験」の為の教室と聞くと、礼儀作法やマナーに厳しかったり、詰め込み・スパルタなイメージなんていうのも、浮かんで来ますが、

こちらのメリーランドでは、愛情のある指導、子供を飽きさせない、子供の個性に合わせた教育、心の通い合う教育、

知識や知能を鍛え上げる教育ではなく、心の豊かさ、コミュニケーションの円滑さ、

生活の中での自立など、より実生活に根ざした教育を行っていると紹介されています。

さらに、合格実績も凄いですね、東京都の有名校がずらりと並んでいます。

メリーランド体験者や合格者の喜びの声も、公式サイトで紹介されていますが、

皆さん熱心に通われていて、受験の為の課題も楽しみながらこなして行く姿や、

幼稚園・小学校受験という事で、お母さん方がかなり大変だったり悩みもあったりしそうですが、お母様方のメリーランドの先生に対する信頼感も、ひしひしと伝わってきました。

「メリーランド教育研究所」について

住所 : 〒180-0004 東京都武蔵野市吉祥寺本町2-18-5

電話番号 : TEL:0422-20-3151 [代表] FAX:0422-20-3161

公式HP : http://www.merry-land.jp/

大野さんは、メリーランド教育研究所で講師を務めた後、新事業として2016年に「認可外保育所」を立ち上げています。

こちらの、保育所についても調べてみました。

スポンサードリンク

大野将平さん代表 「こども幼稚園」ってどんな所?

2016年4月に開園した「こどもと幼稚園」は、メリーランド教育研究所により監修されていて、大野さんが代表を務めています。

メリーランド公式サイトのブログ内で、こちらの保育園立ち上げにおける、大野さんの想いが書かれていました。

さて、私は今、新しい事業を立ち上げる準備をしています。
それは、新しく保育所を作る事業。

先にも述べた通り、小学校受験で問われる幼児の力は、机上の学習では養いにくい”素養”です。
日々の暮らしの中で、本質的に大切なことを丁寧に教えてあげたい。
また、受験準備に取り組む上で、心の豊かさを大切に、バランスの良い子どもに育てたい。
そのような願いを結実するため、新しく保育所を作ります。

2016年4月の開所を目指しています。

これは、共働き家庭で土日を学習塾に費やさざるを得ない幼児を救う保育所です。
これは、待機児童問題に直面し”やむを得ず”、”消極的”に保育所を選んでいる家庭を救う保育所です。
これは、フルタイム勤務はしていなくても、自分の道を追求したい親御さんのための保育所です。

積極的に選ばれる保育所が、これからの時代には必要です。
積極的に選ばれる努力をしなければ、保育士の労働環境も救うことができません。

関わる全ての人の幸せのために、
あらん限りの努力と人脈を注ぎ、準備を進めています。

逐次、詳細をご報告をしますので、
ぜひ、またこのブログを覗いてみて下さい。

大野将平

引用:http://www.merry-land.jp/

この文章から、とても熱心に、幼児教育に対して誠実に取り組んでいるなぁと感じました。

両親共働きで、保育園に預けたくても、そもそも入る事も困難な状況が続いていますが、

そんな状況で、保育や教育の質を求める事なんて、到底無理です。

まさに、”やむを得ず”、”消極的”に保育所を選んでいる家庭だらけだと思います。

そんな家庭を救ってくれる、質の高い保育を受ける事が出来る保育園との事で、

吉祥寺近辺のご家庭で、保育園を探している方には、是非チェックして欲しい園ですね。

こどもと幼稚園の公式サイトも見ましたが、保育園でありながら、小学校受験に備えた素養を磨く事も出来る、

まさに上記の引用の中で、大野さんの語る想いを実現された保育園という印象でした。

こどもと幼児園は、丁寧な日常生活を通じ、生きる力を育みます

「生きる力」
・食に関心を持ち、食を楽しみ、食を構成する力
・自ら考え工夫し、困難を乗り越えるための、思考力と行動力
・他者と協力し高めあうための、個性と品格、協調性
丁寧な日常生活の中には、子どもたちを刺激し、成長させることがたくさんあります。みそ仕込み、豆腐づくり。衣服の脱ぎ方、たたみ方。みんなで使うものが清潔に保たれることの心地よさ。それらを通じて発見し、行動し、身につける生活力は、子どもたちの生涯に残る財産です。

引用:http://kodomoto.tokyo/

カリキュラムの中には、将棋の藤井四段で有名なモンテッソーリ教育も取り入れています!

平成30年度の募集については、10月18日の時点で受付終了となっている様です。人気があると思いますので、早めの保活が必須ですね!

「こどもと幼稚園」について

住所 : 東京都武蔵野市吉祥寺東町1丁目19-23

HP : http://kodomoto.tokyo/

スポンサードリンク

大野将平さん エピソード

大野さんのご家族について、ブログ内に書かれていて気になったエピソードをご紹介します!

なんと、お父様の大野良雄さんは、元NHK交響楽団のホルン奏者で、現在は国立音楽大学の教授を務めているそうです。

出展:http://www.kunitachi.ac.jp/faculty_list/50on/a/ono_yoshio.html

そしてお兄様の、大野晃平さんは、仙台フィルハーモニー管弦楽団のホルン奏者なんだそうです。

出展:https://www.sendaiphil.jp/about/profile/interview/list_78

大野将平さんは、2012年12月にご結婚されていますが、

その結婚式の入場の際の「結婚行進曲」は、お父様とお兄様の演奏を多重録音し、

ホルン四重奏にしたものを流されたんだそうです!とっても素敵なエピソードですね。

出展:http://www.merry-land.jp/

まとめ

幼児教育評論家の大野将平さんの学習塾、保育園について調べてみましたが、

教育への想いについても素晴らしいと感じましたし、

思いがけずに、音楽家のご家庭だという事も分かりました。

東京都の吉祥寺は、残念ながら遠いのですが、大野さんが代表の「こどもの幼稚園」のような施設が、全国に沢山出来ると良いのにと感じました。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする