やなか健真堂の水あんみつ!アクセスと店舗情報は?谷中銀座で人気のお土産も【ぶらり途中下車の旅】

こんにちは、しましまです。

1月20日に放送される「ぶらり途中下車の旅」では、谷中銀座が特集され、

新名物の「水あんみつ」が食べられるお店があるそうです。

以前から、水ゼリーとか、水信玄餅というスイーツの存在が気になりつつ、

まだ食べた事が無かったのですが。

今度は「水あんみつ」も出て来たとは!

気になるし、一度食べてみたい!という事で、お店を調べてみました。

スポンサードリンク

谷中銀座の新名物スイーツ「水あんみつ」とは?

東京の人気エリア「谷根千」の谷中銀座商店街にあるというお店

「やなか健真堂」(やなかけんしんどう)さん。

2016年11月にオープンした、カフェと雑貨屋さん併設のおしゃれなお店です。

ホームページは英語対応していて、外国人の旅行者にも人気があります。

気になる「水あんみつ」の正式名称は、

白玉みずあんみつ(抹茶蜜)

寒天ではなく、くずきりでもなく、尾瀬の自然水をつかった水ゼリーで作られているそうです。

やっぱり「水ゼリー」!

筆者が気になっている、水ゼリーについては、最後に補足させていただきます。

こちらのスイーツは、

老舗のあんこ屋さん特製のこしあん、

熊本の老舗白玉屋さんの白玉、

京都の宇治抹茶など、すばらしい材料を使っているそうです。

価格は、税抜880円(税込950円)

※2017年9月9日時点

水あんみつ以外にも、美味しそうなスイーツが沢山ありますね。

こちらのお店のお茶やスイーツは、

全部器が可愛らしく、お洒落なのでインスタ映え確実です。

※宇治抹茶

こんな可愛いスイーツもあるそうです。夏季限定なのが残念。

※ちょこ団子すいか

画像出展:https://www.yanaka-kenshindo.com/

和雑貨も可愛い物が沢山!

お店のサイトを見ていたら、素敵な和雑貨が沢山紹介されていました。

私が特に欲しいと思ったのは、こちらです!

プチカトラリー

国内金属食器の9割以上を生産しているメーカーの熟練職人たちによるカトラリー。ピンクゴールドは特注商品です。

こういうカトラリーで可愛いものは、来客時に使うとお洒落で喜ばれますし、

自分のカフェタイムに使うのも良いですね。

外国の方へのお土産にも良さそう!

次にこちらの商品

角ぐい呑みセット
桧を加工して作った粋な徳利とぐい呑みのセット。お酒を一段と美味しく楽しくしてくれます。ギフトにもオススメ!

これは、素敵すぎます!

お酒の好きな人ならプレゼントされたら絶対に嬉しいと思います。

こんなぐい呑みで、美味しい日本酒が飲みたいものです。

他にもてぬぐいや、お香、和紙など、外国の人にも人気がありそうな雑貨を

沢山取り揃えてあるそうです。

スポンサードリンク

やなか健真堂へのアクセス・営業時間は?

■営業時間

午前11時 ~ 午後7時(6時半ラストオーダー)

■休業日

木曜日(祝日除く)

■住所

〒110-0001

東京都台東区谷中3-11-15 ※店舗は2階

■電話番号

03-4283-5200

■アクセス

・JR「日暮里駅」の西口から徒歩4分。夕焼けだんだん階段下を降りて「谷中銀座商店街」ゲート横の角

・東京メトロ千代田線「千駄木駅」の2番出口から徒歩5分。よみせ通りから「谷中銀座商店街」を抜けた右手の角

■お店の公式サイト

https://www.yanaka-kenshindo.com/

筆者の気になる水ゼリーとは?

ずっと気になっている「水ゼリー」があるのですが、

それは、ゼラチンや寒天でなく「アガー」を使って固めた水ゼリーです。

出展:http://www.cuoca.com/articles/agar/

ゼラチンや寒天よりも、透明度が高くて、プルっとした食感。

常温でも型崩れしないので、持ち運びも出来るそうです。

「アガー」の原料は、カラギーナンという海藻やローカストビーンガムというマメ科の種子の抽出物だそうで、製菓の材料として簡単に手に入ります。

ちなみに、健真堂さんの「水あんみつ」にアガーが使われているかどうかは分かりませんが、

寒天でなく、くずきりでもないという事なので、アガーかもしれません!

是非一度食べてみたいですね。

まとめ

谷中銀座の新名物「水あんみつ」が気になって、

やなか健真堂さんについて、色々と調べてみましたが、

とても素敵なお店で、是非行ってみたいと思いました。

最後まで読んでいただき、有難うございました。