林修の今でしょ!講座 秋野菜の第2位タマネギ第1位ナス情報と平野レミ簡単レシピ

こんにちは、しましまです。

9月12日に放送された、「林修の今でしょ!講座」にて、

夏に弱った体を元気に戻す!秋野菜ランキングが放送されました。

前回の記事に続き、第2位と第1位の秋野菜についても、ご紹介したいと思います。

スポンサードリンク

第2位 血管と血液を健康にする タマネギ

タマネギには、血流を良くする「アリシン」と、血管を柔軟にして若返らせる「ケルセチン」という2つの栄養素が含まれている為、

夏の疲れた体を回復する為に、とても効果があるそうです。

タマネギも、一年中スーパーで購入できる野菜ですが、実は旬は秋なんだとか。

タマネギの選び方と、効果的な調理法は?

皮がより赤っぽいものに、ケルセチンが多く含まれる為、皮の色が濃いタマネギを選ぶと良いそうです。

ケルセチンは、皮に多く含まれる為に、皮をむくと減ってしまうのですが、

皮をむいた状態で、一週間程天日干しにすると、ケルセチンの量が増えるそうです。

皮をむいた状態で一週間干しても、傷んだりはしないとの事でした。

個人的には、一週間も干すのはちょっと面倒な気がしますが、天気の良さそうな時に試してみても良いかなと思いました。

アリシンは、細かく切る程増えるので、みじん切り等の調理方法が良いそうです。

また、水にさらすとアリシンは流れ出てしまう為、アリシンを接種するには、

油でさっと炒める程度が良いとの事でした。

飴色になるまでじっくり炒めると、アリシンは糖分に変化してしまうので、

血流を良くしたい場合には、軽く炒める程度が良いそうです。

スポンサードリンク

第1位 栄養の宝庫として注目される! ナス

秋野菜の第1位は、なんとナスでした!

ナスの皮の色素であるアントシアニンは、ナスニンと呼ばれていて、強い抗酸化作用があります。

最近、ナスニンが「がん予防」にも効果があるという研究結果も発表されたそうです。

ナスは身の部分にも、微量ながらも豊富な栄養素が含まれていて、栄養素の宝庫として最近注目されている野菜なんだとか。

ナスの選び方と、効果的な調理法は?

ナスは皮の色の濃いものを選びましょう。ナスニンはポリフェノールの一種で、色がより濃い方が豊富なナスニンが含まれています。

調理方法としては、切った後に水にさらすと、栄養素が溶けて逃げてしまうので、水にさらさない方が良いそうです。

平野レミさん「ナイスなシソ味噌」レシピ

■材料

ナス : 2~3本

シソ : 10枚

味噌 : 大さじ1.5

ピーマン : 2個

みりん : 大さじ1

砂糖 : 大さじ1

■作り方

1.ナスは乱切りにする(水にはさらさない)

2.シソに味噌を塗り、包丁でたたいて刻む。味噌を塗る事でシソがバラバラにならずに刻みやすい。

3.油を熱し、ナスを3~4分素揚げにする。

4.ピーマンも乱切りにし、油で素揚げにする。

5.別の鍋にみりん、砂糖を入れて、砂糖が溶けるまで加熱する。砂糖が溶けたら火を止めて、余熱のある内に2を加えて混ぜる。

6.素揚げしたピーマンとなすを、5のシソ味噌と和えたら完成。

シソ味噌とナスとピーマン、食欲の落ちた時でも食べやすそうで良いですね!

まとめ

第2位のタマネギ、第1位のナス、どちらも身近で手に入り易い上に、

疲れた体を回復してくれるという事なので、早速毎日の食卓に取り入れたいと思いました。

野菜の選び方や、調理方法も、ちょっとした差で栄養素を沢山取れるので、

覚えておいて、活用したいと思います。

最後まで読んで頂き、有難う御座いました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする